2011年1月2日日曜日

心情文化世界その2(2011.1.2)

にほんブログ村 その他趣味ブログ マイブームへ
にほんブログ村
2011.1.2. あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしします。チャレンジ精神で、Twitter交流、ブログ、動画、その他いろいろ頑張ります。メインは、Twitter交流を、考えています。みなさんTwitterをしませんか?
感謝します。よろしくお願いしします。以前「心情文化世界」のタイトルで、ブログを書きました。40人以上に読んで頂き感謝します。(2010年末の時点で)統一教会部門のランキングで、101位でした。ブログの中でこれが、一番関心を持っていただいた事にも感謝します。心情文化世界ですが、どの様な世界だと思いますか?韓国、清平での、セミナーで、心情文化世界の例を話していた内容を、私なりに簡単に例えると。体育館に、1000いて、そこで、気分がひとり前で悪くなった時に、それに、気が付くのはだれか、まず、心情文化世界です。本心の世界(良心の時代)です。善の世界とも言えますね。(悪のない世界)だから、神様中心世界、神様と、共に生活する時代とも、言えますね。本心を、中心に、自分のしたいこてをする。(善の心を中心に、)良心の願いに生きる。世界ですね。
体育館での話しですが、それぞれが、善を中心に、自分好きな事をしているので、となりで、気分が悪くなつた人がいても、分からないかも知れない、倒れても、気が付かないかも知れない世界です。これだけを聞くと、心情文化世界。又は、統一教会は、何といい加減な、薄情な事を考えていると、思うでしょう。しかし、神様を中心とした、心情文化世界に、おいては、そんな、体育館で、沢山の人がいて前で倒れている人がいて、近くの人が気が付かなくても、1000人の中に、必ず心情の近い人がいる。その心情の近い人は、体育館の一番後ろの人かもしれない。でも、わかれば、その人が、倒れている人の助けを願い叫ぶ、すると、また、その叫ぶ人と、心情の近い人が別の人に、叫び、助けを求める。その様にして、倒れた人を助ける。そんな、世界です。分かりますか?心情文化世界、分かりにくいと、思います。私は、Twitter交流をとうして、いろいろな、考え方を話し合いながら、より深い原理の世界が、私が、理解出来たらと考えます。
Twitter交流は、心情の近い人を、つくる。心情の友の輪!心情の友の和を創るのに、Twitter交流は、最高の交流になると私は考えます。今後も『  Twitterとモバイル携帯で近未来を楽しく.真時代を楽しく! 』(心情文化世界を中心にした)考え方でブログを書きます。よろしくお願いします。分かりにくいと思いますが、いろいろなあなたの考え方も教えて下さい。よろしくお願いします。♪( ´θ`)ノがんば!よろしくハッピー!
にほんブログ村 その他趣味ブログ マイブームへ
にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿