2014年4月17日木曜日

『神様の真の愛を相続しよう!』 これが、天一国の合言葉! ( 愛言葉!) み ん なで、言えたら嬉しいです。

『神様の真の愛を相続しよう」
これが、天一国の合言葉! ( 愛言葉!)
になり、みんなで、言えたら嬉しいです。


*人生の目的は、
神様・天の父母様と真の父母様を喜ばせ(美を返し)、
家族や周囲の人々を喜ばせ(愛して)
愛なる神様(真の愛の本体である)
神様の真の愛を感じ
神様の真の愛を相続することです。

人生の目的は、神様の真の愛を相続する事です。

数日前に原理講論を少し訓読して感じた事がありました。

第一章 創造原理
第三節創造目的
(一)被造世界を創造された目的より

『人間を中心とする被造世界が
存在する目的は、
神を喜ばせることであった。
また、すべての存在は
二重目的をもつ連体である。』
この部分です。

*人生の目的は、神を喜ばせること!

原理講論より
三大祝福のみ言に従って、
人間が神の国、
すなわち天国をつくって喜ぶとき、
神もそれを御覧になって、
一層喜ばれるということはいうまでもない。…
神が被造世界を創造なさった目的は、人間をはじめ、すべての被造物が、
神を中心として四位基台を完成し、
三大祝福のみ言を成就して、
天国をつくることにより、
善の目的が完成されたのをみて、
喜び、楽しまれるところにあったのである。

全体的な目的を離れて、
個体的な目的があるはずはなく、
個体的な目的を保障しない全体的な目的もあるはずがない。
したがって、森羅万象の被造物は、
このような二重目的によって
連帯しあっている一つの広大な
有機体なのである。

*人生の目的は、神を喜ばせること!と同時に、
家族や周囲の人々を喜ばせ!
神様の真の愛を相続することです。

この神様の真の愛を最初に相続された方が、人類の真の父母様です。

私たちは、
神様を喜ばせ、
家族や周囲の人々を喜ばせ、
神様の真の愛を相続しよう!

感謝します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村