2014年9月27日土曜日

『神は「光あれ」と言われた。』 これは、ビックバンのことだと思い込んでいるのでは? 自分の中にそんな思いが出て来ました。私の心のつぶやき!

「神様の真の愛を相続しょう!」

『はじめに神は天と地とを創造された。 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。 神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。 (‭創世記‬ ‭1‬:‭1-5‬ )』
『神は「光あれ」と言われた。』
この事を、ビックバンと思い込んでいましたが、…
『神は「光あれ」と言われた。』この時に、時間、空間がスタートしたと思います。
それ以前は、無の世界でなく、時間・空間を超越した世界が存在していた!

・神様を原相で表しています。
統一思想・原相論より
…原相の世界は時空を超越した世界である。
それでは構造概念または時空概念から類推する原相の真の姿は、いかなるものであろうか。
それは一言で、統一性であると表現そるしかない。……。
無限大と無限小が同じであり、すべての空間が一つの点にすべて重畳されている多重畳の世界である。
それと同時に、上下、… 、内外が限りなく広がっている世界である。

聖書に、「はじめに神は天と地とを創造された。 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 」
この部分は、原相内での創造では、だから、 地は形なく… その後、神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 と聖書に書かれています。

光あれが、爆発をイメージして、ビックバンを連想していました。
ビックバン説は、無から、ビックバン(爆発)から、全てが誕生したとするなら、私の考えは、この考え方とは違います。

宇宙誕生・宇宙創造が、無から誕生したのではない!
宇宙創造は、神様が、全ての第一原因であり、無からではなく、有からの創造です。
(神様の宇宙創造は、神様の心情を動機とした心情動機説です。)

神様の宇宙創造(被造世界創造)は、
相似の創造によって、創造されました。

神と人間との関係は父子の関係であり、相似の創造によって互いに似ているために、 本性相は人間の心に相当し、本形状は人間の体に相当する。

女性が、妊娠するのは、神様も妊娠するからと考えられます。
何を言っているのか?
そう思う方が多いと思います。


しかし、神様の創造が、相似の創造によって、創造されたなら、… 。
私の心のつぶやきでした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

2014年9月22日月曜日

原理本体論、原相論… 私のつぶやき!

原理本体論は、実態の神様を説明している。

(性相と形状、陽性と陰性、
実態の神様を陽性と陰性、絶対性、生殖器を中心説明している。)
統一思想は、神様を原相論で説明している。
統一思想の原相論は、神様の何を説明しているのか?
それは、構造…。
原相の構造
(原相論の中に、原相の構造が、書いてあります。)

以前、原理本体論の次に、原理原相論が、発表されると聞いた事があります。
(うわさですが…)

私のつぶやき!