2014年6月6日金曜日

中間霊界の話しと、 神様に感謝して瞑想をしましょう。 「神様の真の愛を相続しょう!」

瞑想をしましょう!
神様に感謝して瞑想をしましょう
「神様の真の愛を相続しょう!」
神様に愛されていることを実感してください。

(神様に感謝します。)

李相軒先生が見た霊界の実相
・楽園は、天国と地獄の中間地点にある所だとすべての者が考えていました。

しかし、ここ霊界で見た楽園は、地上で考えていたのと違っていました。
楽園や、中間霊界は、地上で考えているようにきっちりと境界線を引いて説明することはできません。
例えば、オーストラリアには、オーストラリア人だけ暮らしているのではないのと同じです。
そこでは、いろいろの国の人たちがグループを形成して暮らすように、よく気が合う人たちが集まって暮らしています。
 例えば、コリアタウン、チャイナタウン、ジャパニーズタウンというように、中間霊界においても天国と地獄を除いたすべての霊人たちが、自分の階層、グループを形成しながら、仲間同士で集まって暮らしています。

・霊界で見た中間霊界は、地上で考えていたのとは違った所でした

地上で功労が多く、国家、世界に対して功績があった人たちの中で、神様に仕えなかったとか、宗教に対して関心がなかった人たちなど、地上で功績はあるが、信仰と関係ない人たちがたくさん集まる所です。
 ここでの暮らしは、天国のようでも、地獄のようでもなく、地上生活と似ていました。食事時間に例えれば、蔚房で働く人、御飯を炊く人、器を洗う人、食べ物を用意する人がいて、みんな共に苦労して、苦労した程度の代価をもらっている所です。
 また、人々の表情を見れば、天国では明るく、地獄では不安な顔ですが、ここではいつも休まずに熱心に働いて忙しい様子です。

べての人が熱心に暮らしながら福を受け、豊かに暮らしていますが、神様と宗教に対して関心さえない所です。

李相軒先生が見た霊界の実相で、天国では明るくとあります。
天国 ( 天一国 ) は、心の葛藤、悩みや不安、イライラ、ストレス、病気などありません。
瞑想をとうして、様々な問題を解決しませんか?
解決することができます。

そのように信じて、瞑想を.…。
少しの時間でも良いので、瞑想をしましょう。
( 深呼吸を数回するだけでも良いです。)
続けることで、自分の心の思い(考え方)が変わります。

神様の愛のエネルギーを感じてください。
神様の導きを感謝します。
神様と真の父母様の祝福がありますように、祈ります。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿