2014年3月10日月曜日

前回のブログで、 「中山のおばちゃんは、光の神様! 闇はサタンとか… 太陽神 とか言ってたと思います。 私は、昼の神様の部分的なもの… 中山のおばちゃん は、夜の神様を知らない!」と書いたのはなぜか。

『 以前見た、中山グループのブログで、
中山のおばちゃんは、光の神様!
闇はサタンとか言ってましたが、
その光の神様を、
太陽神とか言ってたと思います。

私は、ただ単に、昼の神様の部分的なものに

過ぎないと思います。
中山のおばちゃんは、夜の神様を知らない!』

と前回のブログで書きました。

( 夜の神様・昼の神様の話は、中山のおばちゃんが、
お父様のみ言と違う行動をとった後に出た
み言だと思います。)

中山おばちゃんが、夜の神様を知っているなら、
その内容が、表れた表現が、されると思います。

ここからは、私の話しです。
光の神様!そして闇も、神様です。

聖書には、「神は光を昼と名づけ、
やみを夜と名づけられた。
夕となり、また朝となった。
第一日である。
 (創世記 1:5 )」

光と闇の関係は、
私は、昼の神様と夜の神様の関係と考えます。

中山のおばちゃんが言う、
光は、神様で、闇が、サタンの話は、
人間の堕落により、光の世界に、
闇の世界を創ってしまった。
この関係は、本来!

光と影の関係なのです。
真の愛の光をうければ、
影ができます。
この影が、愛の減少感です。
この事が、罪ではなく、
愛の減少感から、堕落することにより
影が、罪となり、光の世界に、
闇の世界を創ってしまった。
この闇は、この世の神様となったサタンです。

本来、闇は、天の神様である。…

この世の神様である。
サタンが、闇を主管しているイメージがありますが、
それは、人間の堕落が、原因です。
人間の堕落により、闇・夜の神様を
追い出してしまったからです。

夜の神様と昼の神様の話は、
全てあきらかに成っていません。

あなたはどのように考えますか?
あなたはどのように思いますか?

文鮮明先生は、語るべきみ言は、
全て語ったとも言われてます。

夜の神様と昼の神様は、
文鮮明先生のみ言を研究することで、
明らかにわかるのではと感じます。

文鮮明先生( 真の父母様 )のみ言を、
深く理解出来るように祈ります。

天の父母である夜の神様・昼の神様に感謝します。
天の祝福が、この地にもありますように。
天地人真の父母様に感謝します。
全ての完成を感謝します。

アージュ!
アージュ!
アージュ!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

皆様に感謝します。
神様の祝福を感謝します。
ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿