2014年10月12日日曜日

今回、三数的神様にこだわっているのでは、神様の創造の形、物差し、基準があったと仮説したからです。

『 神は絶対者でありながら、相対的な二性性相の中和的存在であられるので、三数的な存在である。』
『神も永遠性をもつために、二性性相としていまし給うのであるし、神の永遠なる対象である被造物も永遠性をもつためには、神に似た二性性相として存在しなければならない。』

神様は、三数的な存在であり、永遠性をもつために、二性性相として存在する。
創造が相似の創造であるからである。

今回、三数的神様にこだわっているのでは、神様の創造の形、物差し、基準があったと仮説したからです。
『絶対者でありながら、相対的な二性性相の中和的存在』であり、『永遠性をもつために、二性性相として存在する。』
『神の永遠なる対象である被造物も永遠性をもつためには、神に似た二性性相として存在しなければならない。』

神様の創造の出発が、三数的で、被造物も永遠性をもつためには、神に似た二性性相として存在しなければならない。
(全ての出発が、第一原因の神様である事を説明したいため。)
見えない神様ですが、被造世界を観察する事により、知る事ができる。
原理講論より
『今日、すべての物質の究極的構成要素といわれている素粒子は、みな、陽性、陰性、または陽性と陰性の中和による中性を帯びている。これらが二性性相の相対的関係を結ぶことによって、原子を形成するのである。』
と書いてあります。
「素粒子は、みな、陽性、陰性、または陽性と陰性の中和による中性を帯びている。」
私の中で、なぜ?と思う事がありました。
それは、「素粒子に陽性と陰性の中和による中性を帯びている。」中性子があるのか?です。

原理講論に、書いてある、すべての物質の究極的構成要素といわれている素粒子は、一つの基準になります。
被造物・被造世界の出発の基準だから、神様に似て、三数に成っている。

神は絶対者(+と-の統一体,中和体)でありながら、相対的な二性性相の中和的存在であられるので、三数的な存在である。

天国(天一国)は、夫婦が共に永遠に住む場所と、言われます。
天国(天一国)の出発の基準は、神様と夫婦の三位一体です。

統一教会は、家庭主義を主張します。
個人主義は、いけない!
天国(天一国)は、一人では、生活出来ない。
神様に似て、三数になる。
(神様と夫,男性と妻,女性が、一体になる。)
天国(天一国)、霊界に、夫婦が一緒に行くと言う事は、神様の目から見てです。
永遠の神様から、見たときに、50年や100年も、一瞬!だと言う事です。
人間の寿命は、人それぞれです。
天から、与えられた寿命を全うして、霊界に行く。

大切な事ですが、神様の祝福を受けて天国(天一国)、霊界に、夫婦が一緒に行く!
み言に、祝福にも、重生、復活、永生の祝福があると書いてあります。

この内容を信じて下さいとは、言いません。
皆さんも、原理講論を読み、確認して、考えて下さい。
何か発見があるかもしれませ。
原理講論を読み、新しく発見した内容は、自分で、確認したくなると思います。
考える事は、悪い事ではないと思います。

私が、気をつけている事は、いろいろ考え、間違いにきずいたら、間違いを認め、訂正することです。
統一原理を中心に考えていますが、原理の拡大解釈をして考える事もあるからです。
でも、統一原理を外れた考えは、統一原理ではない!
この事を中心に、私は、仮説を考えています。
*霊的集団の神様から、新しい原理を与えられた!これは、ウソです。
真のお父様は、語るべきみ言は、全て語ったと言われています。
真のお父様のみ言や、統一思想・統一原理から、まだ、明らかになっていない内容はあると思います。
私たちが、真のお父様のレベルに近ずく事により理解できる内容があると思います。
真のお母様も、早く、私たちが、真のお父様のレベルに近ずく事を願っています。
真のお母様に感謝します。

霊肉合同作戦!
霊界の善なる霊神(霊人)の皆さん協助よろしくお願いします。

全ての人に、神様の祝福がありますように !
祈ります。
感謝します。

0 件のコメント:

コメントを投稿