2011年4月25日月曜日

創作原理。数字からみた真の神様。0・1が真の神様.??

つぶやき原理 第二弾 です。
タイトルを『創作原理。数字からみた真の神様。』
ちなみに、第一弾は、

『チャレンジ!つぶやき「統一原理」から…?』


始めにこの創作原理は、あくまでも、統一原理に関心を持ってもらう為のものです。
童話や絵本、小説などは、すべて事実の物ばかりではありません。
でも読まれている。統一原理においてもそんな分野の話しが有って良いのではないかとの考えから書いています。
後はあなたの自己判断で考えてください。

つぶやきから
「数字のゼロ 0は、無なのでしょうか?
私は、無ではなく、無限であり、唯一、永遠、不変、絶対、的な数字が、0で有ると思います。
ー○+の真ん中ですから、無ではない。真ん中 核になる天で在る。
そんな事が頭に浮かびました。
0は、無限でありそれ以外は有限で在る。有限世界!神様は無限の世界」

神様は、数字の1で表す事が出来ます。
日本は、「八百万の神」とゆう考え方ですが
統一原理は、神様はただ一人であるとゆう考え方です。
「創造主」とも言います。善だけの世界です。

この世界は、神様の創造本然の世界ではありません。
今回は詳しく言いませんが、善と悪の二つの堕落した世界になっています。
これを善、一つの世界にする、善の世界が地上天国であり、天上天国と言えます。

1は、神様の数字、唯一、永遠、不変、絶対、的な数字が、1で有る

見えない神様が、見える神様として表すと1です。
すなわち、見える神様、見えない神様と言う二つの神様が一つになっているのが真の神様である。
見えない神様は、0で表す事が出来、見える神様を1で表す事が出来ます。
0と1の世界は、神様の世界と言えるのではないでしょか。
今の世界では0はゼロ、無ですね、神様がわからなくなった世界である事を表してます。
本来、0は、無限です。神様の無形なる世界を表す数字です。
嘘だと言ってもかまいません。でも、少し考えて下さい。
原因が有るから結果があります。
ゼロからの出発とした時に、今の世界では、無からの出発を意味するのではないですか?
本然の神様の世界ではゼロからの出発は、神様の無限の世界からの出発です。
何をするか、それは、神様を中心に個性を伸ばす。どうですか?
結果は、どうなるでしょうか?
そんな神様を中心とした世界が、天国(天一国)
心情文化世界です。だから神様を中心とした世なのです。
簡単ですが0と1の話しでした。でも、これが一番大切だと思います。
詳しくは、原理本体論教育に参加する事を進めます。ありがとうございました。

2の話しを聞きたい方はお付き合い下さい。
統一原理を学んている方は、分かると思いますが、数字にも意味が有ると言う事です。
発展するには、2個以上ないといけない。
私の考え方は、神様は、0神様の本体だけで有った。何故なら、これが1の世界、【天】の世界です。
神様が一人でいた世界です。これでは、無限の神様ですが、ゼロですね。これを考えてください。
これが、最初の神様一人の世界です。

神様は、考えました。全てを考え創造が始まります。
原理、原則、の神様と言われます。決まりがあります。
詳しくは、原理本体論教育で学んで下さい。
関心のある方は次に、それ以外の方は、ありがとうございました。感謝します。

神様は、1を創ります。何故なら、0なる1なる神です。
このときに【地】を造ったと言う事です。神様の体の始まりです。
【天】は、神様の本体であり、神様の心とここでは表現したいと思います。

神様の天地の創造が始まります。
神様一人すが、天地、すなわち、心と体があります。
二数ですね。いちをどうして二に変えたのでしょうか。
今は、二と言うか、数字があるので、二の次は、三と考えますが、
ようく考えて下さい。神様の創造が0から始まっています。
そんな思いで考えないと詳しくは理解出来ないと思います。

ありがとうございます。休みますよろしくお願いします。

次に進みたい方は読んで下さい。
ありがとうございます。
私が原理本体論教育を受けた時に、講師のユ先生でしたが、
その時言っていた言葉は、心情のメガネをかけて学んで下さいと言ってました。
今までの見方、考え方でなく、神様の心情のメガネをかけて神様の心情を考えて下さいと言ってました。
ぜひこれから、原理本体論教育を受ける時は、参考にして心の目に、神様の心情のメガネをかけて受講する事を進めます。

0と1は、神様の数です。2と言う数字は、出来ました。でもこれは、天地を考え時ですね。
地を考えた時は、1でしか有りません。これをあなたならどう二にしますか。統一原理を知っている方は簡単ですね。
原理原則が有りますから勝手には地を二に出来ません。
少し一言、あくまでも、一つの考え方であり、これが原理たと言う訳では有りません。表現する上で誤解を与える表現が有るかもしれないですが、始めに言ったとうりこれは、作り話で有り事実では有りません。
くどい説明ですいません。
でもここまで読んでくださりありがとうございます。

地を二にする話しですね、それは、神様を半分にすると言う事です。
地の神様の体を二つにする、その象徴が、アダムとエバ 男性と女性です。
また、神様の(体)の心と体、天上と地上も創りました。
神様は、二を作る時に、ふたつ造った、これで、
四位基台の考え方が出来ますね。

3数ですが、3の時に4も時に造られた。三段階で四位基台
が造られて行ったこんな感じで、数字が作られて行った。

最後に最高の数字は、なんですか?
分かりますか?

無限の神様が二つの並ぶと言う事です。
分かりましたか。0と0がならんでくっいて、
無限大ですね。神様を中心に無限大の個性を伸ばす事を願います。
こんな文にお付き合い下さいましてありがとうございます。
何かを感じてください。
神様の真の愛を相続しましよう。
神様の祝福がある事を願います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
最後まで読んでくださりありがとうございます。
にほんブログ村ランキング参加中
上をワンクリックお願いします。

1 件のコメント:

  1. 記事の本文とは関係がないかもしれませんが、申し訳ありません。

    「拉致監禁by宮村の裁判記録」管理人です。
    一番見やすいところにリンクしていただいてありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

    返信削除